独立・開業の方法を、公認会計士・税理士小松由和が解説するホームページです。

公庫融資申請の流れ

書類等の入手
1.  書類等の入手

管轄の日本政策金融公庫に行き借入の書類を入手します。しかし、こちらを御覧の皆様はインターネットで入手しましょう。このページには「創業をお考えののみなさま向けの参考資料」もございますので、参考によく読んでおいてください。会社で創業した方は登記簿謄本(履歴事項全部証明書)を入入しておくと良いと思います。「借入申込書」、「企業概要書」、「創業計画書」、会社案内などもついでに作成しておいてください。

借入申込書等

公庫融資申請の流れ

審査官面談申込
2.  審査官面談申込

日本政策金融公庫へ出向き借入申込書などを提出しながら、面談の予約などをお願いすることもできますが、しかしインターネットを使いこなせる方はこんな時間ももったいないと思いますので、ネットで申し込んでしまいましょう。この場合「借入申込書」等必要書類は面談時に提出することになりますので、ちゃんと用意しましょう。

相談・予約申込

公庫融資申請の流れ

審査官面談申込
3.  担当者との面談

メールで面談日時が指定されますので、面談に公庫に赴きます。指定日時には前にも書きましたが絶対に遅刻しないでください。面接では創業計画書やその他の資料について突っ込んだ質問をされます。面談の時に追加資料や補足資料を求められることもあります。ここが天王山です。しっかり取り込んでください。


公庫融資申請の流れ

審査、融資の決定
4.  審査、融資の決定

面談のあと再提出を要求された資料を提出して面談は終了します。その後、日本政策金融公庫内での会議があり、融資をするかどうか決定されます。会議をパスすると融通の通知と融資に必要な書類が公庫から送られてきます。

公庫融資申請の流れ

審査、融資の決定
5.  融資金の振込み

受付より3~4週間かかって指定金融機関に融資金が振り込まれます。