独立・開業の方法を、公認会計士・税理士小松由和が解説するホームページです。

法人事業の帳簿

 会社はどんな会社でも会社法という法律に従うことになります。帳簿については431条、432条について記載があります。どんな条文かと言うと

第431条

株式会社の会計は、一般に公正妥当と認められる企業会計の慣行に従うものとする。

第432条

  1. 株式会社は、法務省令で定めるところにより、適時に、正確な会計帳簿を作成しなければならない。
  2. 株式会社は、会計帳簿の閉鎖の時から十年間、その会計帳簿及びその事業に関する重要な資料を保存しなければならない。
 第431条に記載のある企業会計の慣行とは一般的に「企業会計原則」、「中小企業の会計に関する指針」などがありますが、ここでは「企業会計原則」一般原則2の正規の簿記の原則というものがあり(内容は省略します)、多数派の意見として複式簿記として帳簿付けされるものと理解されています。

裁判になった時にここの文言の解釈を巡って紛糾しそうではありますが、とりあえず複式簿記による記帳が会社だと要求されると理解して良いでしょう。


それでは、前ページでも触れましたが複式簿記とは何でしょう?


複式簿記:損益計算書(そんえきけいさんしょ)は、財務諸表の1つである。企業のある一定期間における収益と費用の状態を表すために、複式簿記と呼ばれる手法により貸借対照表などと同時に作成され、その企業の株主や債権者などに経営状態に関する情報を提供する(引用:ウィキペディア(Wikipedia))


複式簿記をやる以上必ず会計ソフトを使いましょう。筆記で帳簿付けをしていては能率が悪すぎです。