独立・開業の方法を、公認会計士・税理士小松由和が解説するホームページです。

個人事業の帳簿

 独立開業で個人事業を選択した場合、あなたに課される税金は主に

  • 所得税
  • 消費税(課税業者を選択しなければ開業2事業年度は免税)
  • 住民税(地方税)
  • 事業税(地方税)
  • 償却資産税(地方税)

と言ったところになるでしょうか。税務署はいつかいきなりやって来るので、ちゃんと収入と経費は必ず補足しておく必要があります。と言ってもまずは第一の分岐点がきます。
それは青色申告にするか、白色申告するかです。


 青色申告の特典はいろいろありますが、何といっても最大65万円の青色申告控除と事業や不動産で発生した損失を最大3年間繰り越して、所得の発生した年度に控除できる点にあります。その変わり帳簿付けをしなければならないというデメリットがあります。
 他方、白色申告は所得額300万円以下なら帳簿付けをしなくて大丈夫です。しかし、300万円いったかどうかはよほどの低所得でない限りわからないので、やはり何らかの計算をする必要があります。 ということで、事業が少しでも軌道に乗ってきたら、必ず帳簿付けをする必要があるかと思います。ただし白色申告の場合は複式簿記による帳簿付けは必要ないです。家計簿のようなものを用意して所得を把握すれば良いのです。
 前述したように、白色申告は楽です。しかし、この方法は世間的には「丼勘定」と呼ばれる方法です。会計帳簿とは税金の計算をするだけでなく、損益や財産・負債を把握しながら、経営管理の道具にも使えます。
 ですので、私は青色申告を激しく推奨しています。複式簿記は大変だという意見もありますが、これだけパソコンが安価に買えて会計ソフトを安く買える時代に白色はあまりにナンセンスだからです。
会計ソフトは小遣い帳をつけるような感覚で、あっという間にデータを複式簿記に変換してくれます。しかも最大65万円控除ができる貸借対象表も楽に作成してくれますので、とてもおすすめです。さらにこの65万円取るためのパソコン(10万以下)や会計ソフトも経費計上できます。是非青色申告を中心に取り組んでください。