独立・開業の方法を、公認会計士・税理士小松由和が解説するホームページです。

株式会社設立方法の流れ

設立準備
1.  設立準備

会社の事業内容、目的、所在地、資本金、役員、出資者、機関設計を決めます。


法務局で目的確認
2.  法務局で目的確認

会社の業務は定めた目的の範囲に限定されます。この目的が「適正」であるかどうか確認する必要があります。
※会社法施行以来、厳格ではなくなりましたが法務局によって適正であるかどうかが異なる場合がありますのでご注意下さい。


会社代表印作成・個人印鑑証明書の入手
3.  会社代表印作成・個人印鑑証明書の入手

取引で使用する会社の実印(設立登記申請時の届出印鑑)を作成します。
印鑑証明書は、定款の認証の際に発起人全員の分が、設立登記の際に代表取締役の分が必要となります。また、定款には印鑑証明書に記載してある住所を正確に書かなければなりません。




定款を作成したのち、公証人役場にいき認証をしてもらいます。定款認証には、定款3通、発起人全員の印鑑証明書、公証役場に行く人の実印、委任状(発起人全員で行くのであれば不要)、収入印紙4万(電子定款の場合不要)、認証手数料5万、謄本交付代(1通250円)必要です。




資本金を代表発起人名義の口座に自分名義で振り込みます。




資本金を払込み設立登記をする為に必要な書類を作成します。



設立登記申請<
7.  設立登記申請

資本金の払込すべての書類を作成し終わったら法務局に申請します。法務局に申請する日が会社設立日になります。各地域によって異なりますが、約1~2週間で登記が完了します。
※法務局に、補正予定日(登記完了予定日)を確認しておくとよいでしょう。



印鑑カード
8.  印鑑カード

会社の設立登記が完了後、代表印の印鑑証明を申請するために印鑑カードが必要になります。
印鑑カード交付申請書の記載例はこちら

記載例を見る【記載例】